遠方から来院される方、早期の治療を求める方へ



       以下は、スーパーメディカルセンターで実際に治癒された方のほんの一部になります。
      ↓                      ↓                      ↓


症例1  変形性膝関節症(関節水腫)


治療というより芸術作品でしょう?

補足:右下Before   Afterの説明をします。連続3回治療で1日目施術前の痛み
VAS50以下、施術後は痛みゼロ 次の日、施術前の痛みVAS25、施術後痛みゼロ、
次の日VAS10施術後痛みゼロ、その後は痛み無し※VASとは人生で体験した一番の
痛みを100とした尺度で現在の痛み指数を答えてもらうものです。

用語:穿刺排液=水抜き パテラ=ヒザのお皿 水腫=水たまり 硬結=こり(筋肉が
部分的に硬くなること、これが原因で水が何度もたまります)。
※金属シートは現在使用しておりません。樹脂製のピラミッド型で大きさは底辺が7mm
四方で、高さ3mmになっている。シートの貼付日数は現在ひと晩~1日24時間以内に
なっています。 

独り言:水が吸収された?それも三日目で・・・・。専門家はこういうでしょう。
「ありえない」1番最初にやった方の時は、私もそう思いました。
 でも、本当のことなのです。


症例2 膝前十字靭帯断裂
2院の整形外科によって下された診断は上記の通りです。

補足:右下VAS評価の説明をします。1日1回4連続施術を施す。人生で味わった最高の
痛み100でした。痛みは最初膝内側下部分にあった。
1、施術後の痛みゼロ、次の日膝外側に痛みが出現した。その痛みは50以下であった。
2、施術後痛みゼロ、次の日、膝裏が痛いといってきた(写真右)。
3、痛みは30くらいだという。施術後痛みゼロ回答でした。この方裏の駐車場
に車を止めて車中に3泊したみたいです。銭湯の場所聞いていました。愛知県の方です。

用語:膝関節の前後の動揺(前方引き出し)=通常の関節の動きではないこと。パテラ=お皿

独り言:2つの病院にて十字靱帯断裂と診断されたのだが、歩行時のスライドが
無くなるなんてことがあるの?また、前方動揺という通常の動きではないものが、
無くなった?専門家ならこの現象を「ありえない」というでしょう。
私もそう思います。でもこれは本当のことなのです。




症例4 人工置換術後の疼痛



独り言:人工関節って最終手段?その後10年間も痛みが続くなんて・・・・。
    と本人も思っていなかったはず・・・家族も・・・・。





症例5 リュウマチ内側型膝関節炎
足:処置回数とVAS評価  痛みがなくなるまで連続3回治療 治療前痛み50以下
   治療後痛みゼロ回答。2回目治療前 痛み10強、治療後痛みゼロ回答。
3回目痛み10弱、治療後 痛みゼロ回答。その後、痛みは出ていない。


独り言:専門家は開いた口がふさがらず、なんなのこれ????ありえないというだろう
    でも本当のことです。この奇跡あなたは信じますか?
          次はあなたの番ですよ。