特許を取得した治療って何?
HOME > スタッフ・室内紹介

スタッフ/設備紹介


センター長 齊藤 徳翁

ホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。
スーパー神経最適化療法を開発した齊藤徳翁です。

スーパーメディカルジャパンでは、25年の長きにわたり痛みの研究をしてまいりました。
日本・米国では除痛に関する3つの特許を取得しています。

痛みを研究していく段階で、”人はなぜ病気になるのか”その病気の根源を探し出す必要がありました。その経緯をお話しすると長くなりますが、1つだけ言えることは
””自然を観察する””ということです。
つまり※自然の現象を人間の体に置き換える
そうすることで改善できないでいた”痛み”を克服してきました。

自分で言うのもなんですが、スポーツ万能で健康そのものだった私が5回の入院(そのうち3回は1か月以上の入院)をした経緯があります。

このような私だから言えること、「病気の根源は脳である」ことを1番に確信しています。それも継続する
「疲れ脳」が病気の始まりであることが考えられます。世界にはこれを想像する科学者はいるかもしれません。ですが、その想像を具現化することは大変難しいことなのです。(痛み0を作り上げる必要があるからです)
真剣にこの仕事を続けてきた着た結果、技量が未熟なほどなぜか同じ病気を受けてしまいます。私自身の体の歴史にも大変多くの病気になりましたが、それを克服してきた歴史があります。


スーパーSSRの特徴である
1.痛み発生源の可視化
2.特殊貼付方法
3.痛みの数量化


以下が施術に使われます。
1.脳から痛み部位までの図面(痛みの走行マトリックス人体図)
2.病気難易度レベル10段階表(ステージ4)
3.自律神経調整機器(DSR)
4.神経最適化療法(SSR)

施術前は、ご心配になられますが、全く痛くない施術方法です。
それどころかとても気持ちがよくリラックスできるものです。
HPでは、「はじめてこられた方の施術前・施術後の感想」を書いていただいています。
ぜひ、ご覧ください。

スーパーメディカルセンターでは、スーパーDSRとスーパーSSRという全くオリジナルな二つの施術方法を使い、痛みに対する改善を図っていきます。どこへ行っても改善されない方々の痛みを取りたい。そして皆様が健康でやりたいことが続けられるクオリティーオブライフの実現のお手伝いが出来ればと考えております。




院内写真

設備紹介

低周波治療器のイメージ
低周波治療器

体外から直接電気を体内に通すことにより、痛みの除去、筋肉の活性化、血流を促進して老廃物を取り除く効果もある。

生体電位測定器のイメージ
生体電位測定器

体の生体電流を測定することができる機器。測定により体の中のバランス、状態をグラフ化して見ることができ、それにより施術ポイントが明確になる。スーパーDSR(電流最適化療法)にはこの測定をすることが必要となる。

生体電流調整器のイメージ
生体電流調整器

スーパーDSR(電流最適化療法)に使用する器具。手足に装着することで生体電流を整える効果がある。さらに体の深部の筋肉を緩ませる効果もあり、装着して筋肉をほぐすことで効果的に筋肉を緩めることができます。